宮崎台おとなこども矯正歯科

こどもの矯正 | 川崎市宮前区で矯正歯科を行う宮崎台おとなこども矯正歯科

こどもの矯正

こどもの矯正について

Kids Orthodontics

こどもの矯正治療はなぜ重要ですか?

乳歯列期の矯正は将来大人の歯になった時に、きれいな歯並びになることを考え、舌の悪い癖をなくしたり、舌やお口の周りの筋肉のトレーニングを行うことでお口の環境を整えていきます。

小児矯正(1期矯正)子どもの歯から大人の歯へ生え変わる時期はお子さまの成長を利用して、歯の並ぶ土台である顎の成長を助け、お口の環境の改善を行う重要な時期です。

小児矯正といわれるこどもの矯正を始める時期は一般的に約4歳ー12歳ぐらいといわれています。しかし装置を使った矯正を開始する時期は一律ではなく、お子さまに合わせて最適な時期を見極めることが必要です。

1期治療の開始時期

一般的には、上下の前歯4本(計8本)が永久歯に生え変わる小学2〜3年生頃です。 顎の成長発育促進、悪習癖の除去、永久歯に交換した前歯を整えることが大きな治療目標となります。 この時期に開始することで、「本格矯正(2期矯正治療)」の期間を短く、また抜歯の必要性も低くなります。この時期の治療は比較的痛みも少なく、効果的に歯を配列できます。

ただし発育には個人差があり、それぞれの矯正治療に適したタイミングがあります。治療は早ければよいというわけではなく、適切な時期を見極めて無駄なく効果的な治療を行うことが大切です。そして将来、永久歯に生え変わって骨格が完成してきた時に、健康・美しさ・機能ともに理想的なお口と顔貌を得ることが重要です。

初診相談では、状態を見させていただきお話を伺った上で、「矯正治療が必要かどうか」「最適な時期はいつ頃か」「定期的なチェックは必要か」等を将来を見据えてお話します。気になることがございましたら、まずは一度ご相談下さい。

1期治療を行うメリット

あごの骨の成長をコントロールできるのは成長期の限られた期間のみです。小児期の矯正は痛みも少なく、治療前の状態へと後戻りすることもほとんどありません。また早期に治療をスタートできれば、下記のようなメリットがあります。


・お顔のバランスを整える

・2期治療の期間が短くなる

・永久歯の萌出を良い方向に誘導できる

・歯列の拡大

・癖を直して健やかな発育を促す

・将来的なあごの手術の必要性を減らす

・メンタルへの良い影響

お顔のバランスを整える

あごの幅が狭いと、大人の歯並びになった時にでこぼこが生じます。あごの幅の問題や、上あごと下あごの位置にズレがある場合は、成長をコントロールすることによって不正咬合(よくない歯並び)を予防することができます。子どもの時期に矯正治療を行うことで、噛み合わせが改善され、あごの骨がバランスよく成長し、それによってお顔のバランスも整えられます。

2期治療の期間が短くなる

1期治療(6〜10歳)からスタートできれば、2期治療(13歳頃〜)から矯正を始める場合と比べて、2期治療(ブラケットとワイヤーでの治療)の期間が短くなります。永久歯が生えるスペースを確保しながら、あごの成長もコントロールできるので、2期治療そのものが不要となる場合もあります。

永久歯の萌出を良い方向に誘導できる

乳歯の抜けるタイミングをコントロールすることで、永久歯の歯並び・噛み合わせの悪化を予防します。乳歯が長く残っていると、永久歯が乳歯を避けて生えてくるため、位置がずれる原因となります。また乳歯が早く抜けてしまった場合は、抜けたスペースに左右の歯が移動してきますので、そうならないように器具を装着して永久歯が生えるスペースを確保する処置を行います。あごの骨の中に埋まっていて生えてこられない永久歯(埋伏歯)に関しては、良い位置に生えてくるように調整を行います。

歯列の拡大

あごが小さく永久歯が生えるスペースが足りない場合は、歯並びを広げて永久歯が生え揃うスペースを作ります。大人になってから矯正を行う場合に抜歯が必要な状態でも、あごの成長期である子どもの時期に矯正を行うことで、抜歯をするリスクを減らすことができます。

癖を直して健やかな発育を促す

指しゃぶりや舌の癖は、噛み合わせ(開咬などの不正咬合)、お口の機能(発音・噛む・飲み込む)、全身の健康(口呼吸など)にも大きく影響します。子どもの頃に身についてしまった癖や習慣は、大人になっても治らないものです。子どものうちに正しい舌の使い方や呼吸方法を習得することで、お口の機能、噛み合わせ、輪郭の歪み、呼吸や姿勢などが改善されます。歯列矯正と並行して行うことでお子さまの健やかな成長を促すことができます。

将来的なあごの手術の必要性を減らす

成長期に予想以上に下あごの成長が進むことがあります。成長具合によっては矯正だけでは治療が難しく、成人後にあごの外科手術が必要になるケースもあります。あごの成長をコントロールできる小児期に、下あごの過度な成長を抑制することができれば、外科手術を回避して噛み合わせのバランスのとれた輪郭が整う可能性が向上します。

メンタルへの良い影響

子どもの時期に歯並びを改善することは、メンタル面にも間接的な影響をもたらします。歯並びやお顔立ちのバランスなどに起因するコンプレックスの予防・解消や、自己肯定感や自信の向上につながります。間接的に健全な精神発達の環境を整えてあげることができます。

1期治療の進め方

あごは成長途中で骨も柔らかいため、将来の歯並びとお口元のための土台作りをしていきます。例えば、骨格の問題による出っ歯・受け口の場合はあご骨の成長コントロールを行います。あごが小さい場合には広げる治療を行います。また、食べ方・舌の使い方・指しゃぶり・口呼吸など「歯並びを悪くしてしまう癖」がある場合にはMFTを行って改善していきます。

通院間隔は1〜3ヶ月に1回です
1期治療の完了後、2期治療のタイミングまで3〜6ヶ月ごとに来院いただき様子をみます
1期治療完了時まで大きな問題がない場合、2期治療は必要ありません

2期治療の進め方(中高生以降)

お子さんの永久歯が生えそろった後に、ブラケット&ワイヤーを用いて、ワイヤーの矯正力で積極的に歯を移動させる矯正法が「2期治療」です。1期治療とは違い、ご自分で取り外す事ができない固定性の矯正になります。

歯1本1本を精密に動かし、歯並び・噛み合わせ・お口まわりの見た目の仕上げを行います。

1期治療により美しく歯が並ぶための条件が整っているため治療はスムーズに進みます。
二次治療は、永久歯列が完成した後に行う治療法ですので、時期(年齢)の制限は特にありません。1カ月に1度ほどのペースで装置を調整し、約2~3年の期間で治療が終了します。

状態によっては1期治療の必要がなく、2期治療からスタートすることもあります。また一方で1期治療のみで完了するケースもあります。

 

口呼吸・指しゃぶり・食べ方や舌の癖の改善 MFT

赤ちゃんは授乳時に舌を前後に動かして飲み込みますが、歯が生えてくると舌の動かし方が自然と変わり、上あごに舌を押しつけて食べ物や飲み物を飲むように変化します。しかし、舌を前後に動かす癖が残るお子さまもいます。舌癖のあるお子さまは前歯の内側から力が加わることで、出っ歯になりやすくなります。

また、お口がいつも開いていて上下の前歯の間に舌が入っていると、奥歯で噛んだときに前歯が噛み合わない歯並び(開咬)になります。その他にも指しゃぶり、唇を噛む癖、口呼吸なども歯並びに影響を及ぼします。

そこで、咬み合わせや歯並びの乱れが、指しゃぶり、口呼吸、舌突出癖などのお口まわりの癖が原因の場合には、MFT(口腔筋機能療法)を積極的に行って予防します。
MFTというのは、お口まわりの筋肉や舌の動きなどを正すことで、食べる(咀嚼)、飲む(嚥下)、発音、呼吸、舌の位置、口唇の位置などを改善する簡単なトレーニングです。
お口まわりの癖を取り除いて、咬み合わせと歯並びの乱れを予防するのがMFTの大きな目的です。

 

メリット

・正しい飲み込み方が身に付く、食べ方がきれいになる

・表情筋が鍛えられ、自然で素敵な笑顔になる

・歯槽骨(歯根の周囲の骨)の歪みが改善される

・発音が改善する
・正しい機能を身につけることで正しい発育が期待できる

・矯正歯科治療の効率が上がる

・矯正歯科治療後の後戻りを抑える

ムーシールド

マウスピースで受け口の早期治療が可能に!
負担が少なく早く治してあげたい受け口の治療におすすめです.。

受け口(反対咬合)とは下の歯が上の歯より前に出ていることです。不正咬合の一つで、3歳児健診などで気づいても、歯科からは「しばらく様子をみましょう」と言われ、戸惑う親御さんも少なくありません。最近は、マウスピース型の装置を就寝時に装着するだけで、幼い子の負担が少ない治療が普及し、早期治療が可能になってきました。

取り外し式の装置で、お口まわりの筋肉(唇・頬・舌など)によって、前歯部の反対咬合の改善をはかります。リップシールド(上の歯の前方にくる装置)によって強い上口唇圧を排除し、上あごの正常な成長を促します。

また、ムーシールドを装着した状態で口唇を閉じる動作を意識的に行わせることで、オトガイ部に過緊張を与え、下あごの前歯を後退させます。また、低位舌(舌が低位にある状態)を改善し、飲み込む時に舌が正しく口蓋に圧接される環境を作り出すことで、上あごの前方成長を促します。

子どもの矯正治療の注意点について

矯正装置は正しく使用を続けなければ効果はありません。例えば患者さまの自己判断で「ある程度問題が改善したので装置を使うのをやめてしまう」「効果が目に見えないから装置を使うのをやめてしまう」といったケースがありますが、それでは目的とする治療結果を得ることはできません。

子どもの矯正治療の注意点についてご確認下さい。

疑問・不安・ご心配などございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

【注意点】

・治療期間が長引くことがある

・2期治療では抜歯をする可能性がある

・再治療が必要になることがある

・治療へのご協力をお願いします

・装置によっては虫歯リスクが高まる

・歯根吸収の可能性がある

治療期間が長引くことがある

子どもの矯正治療はあごの骨の成長がピークを終える中学生から高校生まで経過を観察する必要があります。継続的な治療が必要な場合は矯正期間が長くなる場合があります。

2期治療では抜歯をする可能性がある

1期治療の目的はあごのバランスを整えることです。あごのバランスや、歯列の幅が正常であっても、歯のサイズが大きい場合にはでこぼこが生じます。永久歯のでこぼこや位置を改善するためには2期治療(ブラケットとワイヤーでの治療)が必要になり、場合によってはその際に抜歯が必要になることもあります。

再治療が必要になることがある

お子さまの背丈が何センチまで成長するのか予想することが難しいように、あごも治療計画時の予測を超えた成長をする場合があります。「予想以上にあごが成長した」または逆に「あごの成長が止まってしまった」などの場合は、再治療または成人後に外科矯正が必要となることがあります。

治療へのご協力をお願いします

自分で取り外しができる装置を使う場合、指示された装着時間を守っていただけないと治療が進まず長引くことがあります。お子さま自身が強い意志を持って継続しなければ、思うような結果を得ることは難しくなります。お子さまのモチベーション維持のためにも、ご家族のサポートが治療成功のポイントとなります。

装置によっては虫歯リスクが高まる

歯に固定するブラケットとワイヤーでの治療は、ワイヤーに食べ物が絡みやすく、歯ブラシが届きにくいことが難点です。虫歯のリスクが高まるため、これまで以上に入念な歯磨きと予防ケアが必要になります。詳しくは治療の際に指導いたします。

歯根吸収の可能性がある

歯の根っこが溶けてしまうことを歯根吸収といいます。矯正治療によって生じる可能性がありますが、多くはわずかな吸収で、日常生活に支障はありません。他にも外傷など様々な原因で生じることがあります。万が一大きく歯根吸収が生じた場合は、治療の中止、歯の連結固定、抜歯等が必要になる可能性があります。

料金について詳しく知りたい方は下記のボタンをクリックしてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。