宮崎台おとなこども矯正歯科

マウスピース矯正 | 川崎市宮前区で矯正歯科を行う宮崎台おとなこども矯正歯科

マウスピース型カスタムメイド矯正装置

インビザラインについて

Mouthpiece

インビザラインとはなんですか?

マウスピース型カスタムメイド矯正装置とは、歯の形をした透明なマウスピース型カスタムメイド矯正装置を1週間~10日ごとに交換しながら歯を動かす方法です。マウスピース型カスタムメイド矯正装置は取り外しが可能で、お食事・清掃以外は基本的には使用していただきます。

1週間~10日ごとに交換をするマウスピース型カスタムメイド矯正装置は、毎回少し歯ならびを動かした状態(~0.3mm)で作成されてきます。期間が来ると歯列の移動が完了し、次のマウスピース型カスタムメイド矯正装置に進みます。

アライナー

マウスピース型カスタムメイド矯正装置の交換を繰り返すことで、少しずつ歯を動かしていきます。このマウスピース型カスタムメイド矯正装置をアライナーと呼び、治療終了するまでに何十枚と使用します。

当院で採用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置は「インビザライン」というもので、全世界で1000万人以上の治療実績があるマウスピース型カスタムメイド矯正です。

矯正治療の本場アメリカでは、「インビザライン」といえば、ほとんどの人がマウスピース型カスタムメイド矯正であることを認知しています。

インビザラインのメリット・デメリット

メリット

  • ■ 目立たない 
    透明なマウスピース型カスタムメイド矯正装置を歯に装着するため、ほとんどの人に気づかれることなく矯正治療が
    行えます。
  •  
  • ■ 取り外しができる 
    マウスピース型カスタムメイド矯正装置の最大ともいえるメリットになります。従来の矯正装置では表側、裏側どちらとも装置を取り外すことが出来ないため、清掃不良になり、虫歯、歯周病のリスクが高くなります。
    しかしマウスピース型カスタムメイド矯正装置は取り外す事ができるため、矯正治療中の、虫歯、歯周病のリスクを低減することが可能になります。

デメリット

  • ■ 自己管理が重要になる 
    正しい装着方法で1日20時間以上装置を使用しない場合、治療計画の通りに歯を動かすことが
    できません。
  •  
  • ■ 適応されない方がいる 
    ブラケット矯正は幅広い症例に対応可能ですが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置による治療は、マウスピース型カスタムメイド矯正装置単独で治せない場合があります。
  •  
  • ■ マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は薬機法の対象外
    当院が採用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、日本の薬事法上の医療機器に該当しません。そのため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

料金について詳しく知りたい方は下記のボタンをクリックしてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。