宮崎台おとなこども矯正歯科

部分矯正について | 川崎市宮前区で矯正歯科を行う宮崎台おとなこども矯正歯科

部分矯正について

部分矯正について

Partial Dentures

魅力的な矯正方法

部分矯正とは、歯の全体に装置を付ける全体矯正とは違り、歯並びや噛み合わせに問題のある部分に装置を付けて歯を動かす方法です。

前歯の矯正に用いられることが多いですが、奥歯等他の部分に適用することもあります。部分矯正は、費用、期間の観点から近年利用者も増えている魅力的な矯正方法であると言われています。

部分矯正のメリット・デメリット

メリット

  • ・治療期間が短い 
    全体矯正が2ー3年と長い期間を必要とするのに対して、部分矯正では多くのケースで約半年ー1年で済ませることができます。
  •  
  • ・費用が安価である 
    全体矯正と比較して部分的に矯正装置を装着するためおよそ1/2-1/3の費用で矯正治療を行うことができます。
  •  
  • ・装置が外れるなどのトラブル、違和感が少ない 
  • 装置を部分的に装着するため装置が外れる確率が下がります。また装置を装着する歯が少ないため、全体矯正に比べて不快感も少ないといわれています。

デメリット

  • ・適用できるケースが限られる 
    部分矯正は歯並びの悪い一部分を矯正するのには適していますが、全体的に大きく歯並びがずれている場合や、噛み合わせの調整には対応できません。
  •  
  • ・歯を削る量が増える 
    全体矯正の場合歯を並べる隙間を作るために、横に広げたり、前に広げたりする事ができます。しかし部分矯正の場合はそれができないため歯にやすりをかけ、隙間を作っていきます。
  •  
  • ・全体矯正に比べて妥協が必要になる 
    部分矯正においては歯並び全体のバランスや噛み合わせを調整するのに限界があるため、仕上がりが全体矯正には及ばない点や、矯正後の仕上がりについてある程度妥協をする必要があります。

料金について詳しく知りたい方は下記のボタンをクリックしてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。