宮崎台おとなこども矯正歯科

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

2022/05/20

歯の色が気になる、、、。

 

歯並びを矯正治療でキレイにしたから、歯の色もより白くしたい!!!

 

結婚式前に歯の色を白くしたい!!!

 

上記のように、歯を白くしたいと考えられる方は多くいらっしゃると思います

歯の色を白くする代表的な方法が、ホワイトニングです。

ホワイトニングは、特殊な薬剤を使用して歯の黄ばみを分解し、白くする方法です。

 

ホワイトニングは、一般的に次の3つに分類されます。

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

 

そこで、本日はホームホワイトニングについてご紹介していきたいと思います。

 

ホームホワイトニングとは

 

ホームホワイトニングは、専用のマウスピースと薬剤を使用して、自宅で歯を白くする方法です。

 

以下のステップで行います。

  • 診査・診断(クリニック):ホワイトニングの説明を行います。次に、シェードテイキング(歯の色を把握)を行い、口腔内の撮影を行います。
  • 歯の型を取り、ホワイトニング用のマウスピースを作成します(クリニック)
  • ホワイトニング前に歯ブラシを行い、マウスピースにホワイトニング用の薬剤を入れ、装着します(ご自宅)

 

ホームホワイトニングのメリットは

一度歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方を受ければ、自分のタイミングでいつでもできることがメリットです。そのため仕事などが忙しくて歯医者さんに通えないという方に人気があります。
また、オフィスホワイトニングと比べて色素の分解が細かくなるため、色戻りまでの期間が長い(=色持ちが良い)と言う点がメリットの1つです。ゆっくり時間を掛けて白くすることで、歯の表面荒れも抑えることができ、透明感のある自然な仕上がりになります。

ホームホワイトニングのデメリットは

マウスピースの装着時間は1日1回30分から長いもので就寝中ずっとなど様々ですが(※1)、白さに満足するまでは毎日使用することが勧められており、自分で行うのが面倒な人には厳しいかもしれません。
さらにホームホワイトニングをした直後は飲食物の色を吸収しやすい時間があり、白以外の色の付いた飲食物・タバコなどは数十分から数時間我慢する必要(飲食制限)があります。
また、歯科医師の手を使わず個人で使用ができるよう低濃度の薬剤を使用するため、オフィスホワイトニングに比べると1回の装着時間が長く、白くなるまでに掛かる期間も長くなる傾向にあります。

 

 

ホームホワイトニングの効果を出すためのポイント

早く効果を出すには毎日続けること

ホームホワイトニングは、ゆっくりじわじわと効果を発揮していく方法です。毎日なるべく継続して行うのが効果的です。

あせらず低濃度から始める

個人差はありますが、薬剤の濃度などによっては「歯がしみる」などのリスクがあります。痛みを感じるリスクを下げるためにも、最初から高濃度でのケアをしないことをオススメします。高濃度の薬剤はその分刺激も強くなるものです。まず低濃度から、様子をみていきましょう。

施術後30分は飲食を避けましょう

ホームホワイトニングの施術後に飲食をする場合、最低30分は間隔を置くようにしましょう。汚れを分解した直後、新たな着色汚れが歯に付着するのを防ぐためです。

歯の汚れが気になる場合はクリーニングを併用

歯の表面に歯石や汚れが付着している場合、最初にクリーニングで汚れを取り除いてからホワイトニングを行うのが効果的です。

より早く効果を得たいなら

ホームホワイトニングはゆっくりと効果が出てくるものです。急いで効果を実感したい場合は、クリニックで行う「オフィスホワイトニング」の併用も選択肢にいれるとよいでしょう。

 

次回は、オフィスホワイトニングについてご紹介します。

引き続きよろしくお願いいたします。


矯正の種類、料金、治療期間などご質問あれば矯正初診相談を行っておりますので、
川崎市宮前区の『宮崎台おとなこども矯正歯科』へ

ぜひお越し下さい。お待ちしております。お電話、インターネットでご予約頂けます

 

宮崎台おとなこども矯正歯科🦷
📞044-863-9431



 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。